高用量ピルと低用量ピルの徹底比較

ピルは大きく分ければ高用量ピル、中用量ピル、低用量ピルが三つがあります。しかし、最近「この三つ種類がどんな違いがありますか」、「効果が同じですか」と言った疑問が抱く人がたくさんいます。実は薬品付きの説明書を読んでも、分かりません。また、高用量ピル・中用量ピル・低用量ピルについての認識が不足なので、ピルを選択することも難しくなります。今回の文章は高用量ピルと低用量ピルを中心にこの二つのピルのメッリトとデメッリトからを徹底比較します。ご参考してさい。
高用量ピル
メッリト
高用量ピルとは、エストロゲンの成分量が50μgを超えているものを指摘します。だから、基本的には、低用量ピルなどで緩和ができなかった場合のみ、エストロゲンの量を増やすことで、効果をアップさせるために使用すること多いです。つまり、エストロゲンを摂取し増やすことで効果が高めると言われています。

デメッリト
デメッリトと言えば、やはり副作用になるリスクが高くなります。腹痛や頭痛、吐き気や下痢、体重の増加のみなどの副作用があります。しかし、副作用が出やすくなることも事実です。ご注意してください。

低用量ピル
メッリト
低用量ピルは避妊の目的で良く知ってされます。飲み忘れなく、使用すれば90%以上避妊することが期待できます。それも低用量ピルの最もメッリトと言えます。または。低用量ピルを使用する場合は月経痛の緩和や月経量の調整や生理不順の改善などに効くことも可能性があります。

デメッリト
低用量ピルは医療薬品として、もちろん副作用があります。使用した後、1か月~2か月くらい、腹痛や頭痛、吐き気や不正出血などの症状が出ること多いと言われています。低用量ピルを飲み続ける事で、人体にも害がありますので、気をつけてください。以前は低用量ピルを飲み続けることで、乳がんへのリスクもあります。最近は、そんな事例がありませんけど、低用量ピルもお薬ですから、人体に悪影響を与えるのは事実です。ご注意してください。

実は高用量ピルと低用量ピルを比較して、最大の違いはエストロゲンを含有している量が異なります。低用量ピルは主に30-40μgぐらい、50μg未満となっています一方で高用量ピルは50μg以上となっています。一般的には低用量ピルをしたら、効果が得ない場合は高用量ピルを使用すれば効果的です。高用量ピルと低用量ピルとの両者のエストロゲン含有量を比較して、自分の場合に合うものを選択してください。しかし、高用量ピルとも低用量ピルとも副作用も存在しているから、ご注意してください。不安な方、または、低用量ピルで生理不順を治療したい方はできるだけ専門医者と相談してください。