避妊ピルの3つの作用

避妊ピルの3つの作用
避妊ピルに含まれる女性ホルモンが脳内に作用する事によって3つの作用が起こり、精子の着床を防ぎます。

排卵をコントロール
排卵をコントロール事でまず精子が子宮内へ入ってきたとしても卵子と出会う機会を失わせ、着床を防ぐ事が出来ます。

子宮内膜の増殖をコントロール
子宮内膜は受精卵が着床する場所で、その部分が厚くなることをコントロール事で、万一受精卵となってしまっても着床することが出来ない状態が保たれるので妊娠が成立する事を防ぎます。

子宮頸管粘液の粘度を高める
子宮の入り口で分泌されている粘液の粘度を増すことで精子が子宮子宮の入り口で分泌されている粘液の粘度を増すことで精子が子宮に侵入することを防ぎます。

このように避妊ピルは体内で妊娠を防ぐ働きをするのに対し、コンドームは男性のペニスに装着する事で精子が子宮内に出ない様に防ぐことができますが、「外れてしまった」や「穴が空いていた」など、想定外の事態が起こりえるので「ゴムを付けてたのに、妊娠していた」なんて事も起きてしまいます。
さらに避妊具で防げる事はたった1つですが、ピルを用いれば3つの効果が女性の体を守ってくれるので女性も安心してSEXする事ができます。
また、低用量ピルはライフデザインドラッグとも呼ばれ生理時のトラブルやホルモンの影響によるニキビなどの肌荒れを改善出来るので生活の向上にも役立てる事が出来ます。