高用量ビルの詳細情報

ピルとは一般的に経口避妊薬と呼ばれていて、予定外の妊娠を防ぐための薬です。避妊薬としての利用のほか、生理不順を解消し生理痛を抑える効果もあるため、避妊薬としてだけでなく生理の悩みを解消する目的で、多くの女性が服用しています。ピルの種類はたくさんありますが、高用量ピルの情報ご存知でしょうか?この高用量ピルはどんな効果や副作用がありますか?本文では、高用量ピルの情報についてご紹介します。

高用量ピル
高用量ピル

女性は知っている人が多いと思いますが、ピルには低用量/中用量/高用量の3種類があります。高用量ピルは、避妊目的ではなく様々な婦人科系の疾患の治療に使われる薬です。

卵胞ホルモンの含有量が50マイクログラムを越えるものは、「高用量ピル」で、50マイクログラムジャストのものは、「中用量ピル」です。そして、50マイクログラム未満のものは、「低用量ピル」です。

ピルの効果はピルを服用すると、本来卵巣から分泌されていた女性ホルモンが他から入手することができるため、卵巣が働く必要が無くなり活動休止の状態になります。卵巣が活動休止になると、女性ホルモンが分泌されず排卵や月経が引き起こされないため、妊娠する可能性がほとんどなくなるのです。

高用量ピルも、女性の体内で作られる卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)を主成分とし、ホルモンバランスを整える効果があります。具体的には生理周期の改善や生理痛の抑制、無月経や月経困難症の改善に効果があります。

高用量ピルの副作用は体重の増加(肥満)、偏頭痛、吐き気、嘔吐、イライラ、性欲減退、むくみ、膣炎などがあげられます。このほか稀な例ではあるが、肝機能障害、長期服用による発癌性などの可能性が指摘されています。子宮筋腫、糖尿病を悪化させる可能性があるとも言われています。

もちろん個人差があり全く副作用が出ないという方もいますが、高用量ピルを使用する場合には病院・産婦人科で症状等を医師と相談して、高用量を使う必要があるのか、中・低用量で治療できるのかを診断してもらうようにしましょう。

高用量ピルの注意点は低・中用量ピルと同様に、タバコの喫煙は血栓症を引き起こす可能性がありますので、喫煙している方は必ず禁煙することが必要です。

ピルを服用できない人は、高血圧、35歳以上で1日15本以上の喫煙習慣がある、重度の片頭痛がある、過去に静脈血栓症を経験している、妊娠中、出産直後~授乳期間、がんを発症している、乳がんや子宮体がんの可能性がある、その他重い持病を抱えている、という人たちです。

女性だけではなく、男性の健康もサポート

バイアグラ体験談による、バイアグラは陰茎周辺部のNO作動性神経に作用して血管を拡張させ、血流量を増えるということができます。